カテキンの摂取量

カテキンの摂取量

カテキンの効果的な摂取量はどれくらい必要なのでしょうか?

 

 

カテキンには、抗酸化作用や殺菌作用、ダイエットや老化防止、
生活習慣病の予防など、様々な効果・効能が期待されています。

 

 

そのため、カテキンの効果的な摂取量を効率的に摂取したいものです。

 

 

実は、カテキンには、明確な1日の摂取量の基準はありません。

 

 

ちなみに、いろんなサイトや雑誌でいわれているのは、
「1日あたり、約1gのカテキンの摂取」が理想的とされています。

 

 

ちなみに、1gのカテキンとは、どれくらいの摂取量なのでしょうか?

 

 

緑茶一杯で摂取できるカテキンの量は約100mg(0.1)gです。

 

 

つまり緑茶を約10杯ほど飲むと、1日約1gのカテキンを摂取することができるのです。

 

 

もちろん、1日あたり、約1g以下でも健康効果は十分にあります。

 

 

また、目的によってもカテキンの摂取量の大体の目安があります。

 

 

◆目的別のカテキンの摂取量
・抗酸化作用が目的の場合→1日あたり約100〜300mg

 

・血糖値の安定効果が目的の場合→1日あたり約400〜800mg

 

・コレステロールの正常化が目的の場合→1日あたり約350〜500mg

 

・脳卒中の予防が目的の場合→1日あたり約300〜400mg

 

・ダイエット効果が目的の場合→1日あたり約300〜600mg

 

・免疫力の向上が目的の場合→1日あたり約250〜400mg

 

・肝機能改善が目的の場合→1日あたり約350〜500mg

 

 

◆エピガロカテキンガレート(EGCG)の摂取量
また、通常のカテキンよりも、
さらに効果的なカテキンがエピガロカテキンガレート(EGCG)です。

 

エピガロカテキンガレート(EGCG)は、強力な抗酸化作用や
強力な脂肪燃焼効果があるため、健康やダイエットには必要不可欠な成分といえます。

 

その抗酸化力は、ビタミンCの約90倍、ビタミンEの約23倍であるとされています。

 

また、同じ脂肪燃焼効果があるカフェインと違い、心臓に負担をかけません。

 

それどころか、カフェインによる心臓への悪い作用を抑えてくれる効果もあります。

 

エピガロカテキンガレートは、約500?1000mgの摂取量を、1日2〜3回程摂取しましょう。

 

摂取タイミングとしては、朝と昼、運動の1時間前に摂るようにしよう。

 

運動を行わない日には夕方に3回めを摂るようにしてみよう。