カテキンとEGCG(エピガロカテキンガレート)

カテキンとEGCG

カテキンとEGCG

カテキンとEGCGの関係

カテキンの中でも、EGCGエピガロカテキンガレート)が注目されています。

 

 

カテキンは主に、以下の4種類が基本となっています。
@エピカテキン (EC)

 

Aエピガロカテキン(EGC)

 

Bエピカテキンガレート(ECG)

 

Cエピガロカテキンガレート(EGCG)

 

 

上記のカテキンに熱を加えると、一部が下記の4種類に変化します。
@エピカテキン⇒カテキン(C)

 

Aエピガロカテキン⇒ガロカテキン(GC)

 

Bエピカテキンガレート⇒カテキンガレート(CG)

 

Cエピガロカテキンガレート⇒ガロカテキンガレート(GCG)

 

 

カテキン自体は緑茶だけでなく、紅茶やウーロン茶にも含まれているが、
このEGCG(エピガロカテキンガレート)だけは、緑茶のカテキンにしかないとされています。

 

 

EGCG(エピガロカテキンガレート)は、カテキン中の約半数を占めます。

 

 

また、EGCG(エピガロカテキンガレート)の抽出には約80℃加熱が必要とされており、
約20℃以下の低温では抽出されにくいといわれています。

 

 

EGCG(エピガロカテキンガレート)の抗酸化力は、
ビタミンCの約90倍、ビタミンEの約20倍あるともいわれています。

 

 

中でも、強力な脂肪燃焼作用が有名です。

 

 

EGCGの脂肪燃焼のメカニズム

@ノルアドレナリンやアドレナリンなどのホルモンが分泌され、
  脂肪分解酵素「リパーゼ」が活性化することで、
  脂肪細胞から脂肪酸が血液中に飛び出します。

 

A分解された脂肪細胞から放出された
  脂肪酸が筋肉細胞中のミトコンドリアに運ばれます。

 

B筋肉細胞中のミトコンドリアで、
  脂肪酸⇒エネルギーへ変換されて燃焼されます。

 

 

この流れがスムーズにいくことで脂肪燃焼が促進され、
効率よく体脂肪が燃え、ダイエットの成功に繋がります。

 

 

ちなみに、脂肪が脂肪酸に分解されても、
燃焼できなければ再び脂肪へと戻ってしまいます。

 

 

EGCG(エピガロカテキンガレート)は、
@の働きを効率的にし、脂肪燃焼を効率的に促進します。

 

 

EGCGの摂取方法

@関節や体の健康維持

緑茶約240mlに含まれている、
EGCG(エピガロカテキンガレート)は約200mg程度です。

 

1日に緑茶を500?700ml飲むようにすれば、
関節や体の健康維持の効果が期待できます。

 

ちなみに、EGCG(エピガロカテキンガレート)は緑茶を飲むよりも、
サプリメントで摂取するほうが吸収されやすいので、サプリメントでの摂取でもOK。

 

A脂肪燃焼

EGCG(エピガロカテキンガレート)を1日3回、食間に摂取するようにしましょう。

 

EGCG(エピガロカテキンガレート)約500?1000mgを、
朝と、運動の約1時間前に摂取するようにしましょう。

 

ちなみに、運動を行わない日には2回めを午後に摂取し、
1日の夕方頃に3回めを摂取するようにしましょう。

 

 

その他のEGCGの効果

・コレステロールの正常化

 

・インフルエンザ予防

 

・脳の老化防止

 

・抗炎症作用

 

・アレルギーの改善

 

・抗酸化作用

 

・テストステロンの向上

 

・肝臓の健康増進

 

・ガン予防

 

・心臓病の予防

 

・HIV感染(エイズ)の予防